フェリーチェ山手

  • お問合せ
  • マイページ

営業時間/平日10:00〜18:00(土:17:00まで)
休日/日曜祝祭日のみ+土曜日(冬季)

  • HOME
  • BLOG
  • Tシャツ色々あるけど、どうやって選べばいいの?

Tシャツ色々あるけど、どうやって選べばいいの?

色々種類がありすぎてわからなーい!って方、まずこちらをご覧いただき、Tシャツ選定にお役立てください。

それでもいっぱいありますが、各メーカー同士近い仕様のものを出してる場合もありますので、あとは設定カラーやサイズバリエーションの違いでお選びくださいね。

Tシャツのタイプは大きく分けて2種類

しっかり生地や着心地の良いシャツは綿100%Tシャツがおすすめです。
スポーツや作業用には吸汗速乾のドライTシャツがおすすめです。

生地の厚さの違いは何を見ればいい?

生地の厚さはオンス表示をチェック
オンス表示の記載例

生地の厚さから比較するTシャツのグレード

ヘビーウエイト

一般的に5.6オンス以上はヘビーウエイトグレードに位置付けられ、何度洗濯してもヨレてダルダルになりにくいTシャツとなります。
長く着られるし、質感も高くこの生地で検討しておけば安っぽい仕上がりにならなくて安心です。
 
 

ミディアムウエイト

生地しっかりのヘビーウエイトだと、暑い夏にはちょっと暑苦しく感じる時もあるでしょう。5.0オンスのミディアムウエアーはその点、薄すぎず厚すぎず、ちょうどいい厚さですね。
衣料品メーカーのデザインTシャツはだいたいこの位の生地厚かと思います。
 
 

ライトウエイト

4.0〜4.4オンスくらいの生地厚ですと数回洗濯すると、ヨレが気になりますが、安価なアイテムが多いので、低コストな製品作りしたいとき、予算を抑えたいときに
最適です。カラーTシャツで製作すると透け感も気にならないですね。
 
 

※ドライTシャツは速乾性を高めるため大体4オンスを中心としたアイテムが多いです。ポリエステル100%素材なので、ヨレを気にすることなく何度も洗濯してさっと乾かし着られます。


Tシャツの生地の糸まで遡れば生地感がわかる

オープンエンドとリングスパン

オープンエンド糸とリングスパン糸

リングスパン糸

一般的な糸はリング紡績機でつくられており「リングスパン糸」と呼びます。しめ縄をつくる原理で紡績され、糸の表面は滑らかで強度のある糸に仕上がりますUnitedAthleブランドのほとんどの製品がこのリングスパン糸を使用しています。

オープンエンド糸

空気の流れで撚りを加えて糸にするオープンエンド紡績機で作られます。糸に適度な空気を含み、ガサ感があるのが特徴です。

UnitedAthle素材解説参照


カード糸とコーマ糸(糸の種類)

各品番詳細ページのスペック下部に生地について記載しています。

ラフ感があるTシャツはカード糸、しなやかな肌触り重視ならコーマ糸

糸番手(糸の太さ)

糸の太さが細い(数字が多い)糸の太さが太い(数字が小さい)

さらに詳しく知りたい方は、各ブランドサイトにて製法など記載がありますので参考にしてくださいね。

素材解説
https://www.united-athle.jp/ua/tips/material/

Unitedathle website

Tシャツ選びの基礎知識
https://tomsj.com/brand/special/basicknowledge/

TOMS Tシャツ選びの基礎知識

色々書きましたが、まぁ悩んだらフェリーチェに聞いてください(笑)

お問い合わせフォームはコチラから

LINEからでもご質問どうぞ

Posted 2021.4.21

「Tシャツ色々あるけど、どうやって選べばいいの?」についてツイートする

この記事のトラックバックURLは
https://felice-wa.com/blog/wp-trackback.php?p=6389
です。Tシャツを実際にきてみた様子などお気軽にトラックバックして下さい♪

最近の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

RSS